初期中山道 ~岡谷から小野へ~

辰野ぴっかりナビ モデルコース

初期中山道 ~岡谷から小野へ~

 


 

 石仏や道祖神、往時のぬくもりが今も息づく初期中山道。

 写真に収めきれないくらいの出会いがあなたを待っています。

 

 

岡谷駅
岡谷駅の画像  初期中山道岡谷発ルートのスタートは岡谷駅です! 

 
 
 
分岐点1
 右側の道へ入ります。

 
 
分岐点2
 右側の道へ入ります。


 
 
 
熊野神社
 境内にある狛犬は高麗犬系であり、岡谷市内ではここだけにしかない。








 
 
真福寺

 本尊は室町時代に造られた阿弥陀如来坐像です。

 宝永三年三沢村記録に「お寺焼け云々」とあり、本尊の蓮台の一部は炭化している。








 
 
分岐点3

 右側の道へ入ります。








 
 
三沢の一里塚

 江戸日本橋より57里








 
 
分岐点4

 右側の道を行きます。




 
 
分岐点5

 右側の道を行きます。





 
 
分岐点6

 左側の道を行きます。



 
 
通過ポイント1

 ここから砂利道になります。


 
 
寝返しの石

 大石の上に顔。

 万治の石仏に似ている。



 
 
分岐点7

 右側の道を行きます。





 
 
通過ポイント2

ここは災害復旧工事をしたのでコンクリートの道です。


 
 
分岐点8

 左側の道を行きます。


 
 
小野峠・三沢峠
 初期中山道が塩嶺を越える場所にある峠。

 小野峠は岡谷での呼び名で、三沢峠は小野での呼び名です。


 
 
三郡の辻

 かつての筑摩郡北小野村(現・塩尻市)、諏訪郡三沢村(現・岡谷市)、伊那郡小野村(現・辰野町)の3つの石祠はあります。

 3基がそれぞれの方向を向いて建てられています。


 
 
小野峠碑

 旧中山道小野峠碑



 
 
展望台

 諏訪湖・塩尻・松本・北アルプス・八ヶ岳が一望できます。



 
 
楡沢の割り石

 この割り石から上の峠まで一帯は、かつて小野と岡谷の入会山であったが、争論の結果分割されました。


 
 
シダレグリ自生地

 800本以上のシダレグリが群生を作って自生しています。

 大正9年に国の天然記念物に指定されました。


 
楡沢の一里塚

 江戸日本橋より58里にあり、現存する2つの塚の間に、当時の通筋をしのぶことができます。



 
 
色白水とあずまや

 この水で顔を洗うと、肌が白く美人になると云われています。

 あずまやから木曽方面を望むと、初期中山道の道筋が見て取れます。



 
 
小野公園

 大正8年に小野光景翁の銅像建立を機会に造園されました。



 
 
小野駅

 お疲れ様でした!ゴールの小野駅です。

小野駅は1906年(明治39年)の鉄道院中央本線 岡谷~塩尻間開通と同時に開業されました。



 

 

 

 

 

 

情報発信元

   

産業振興課 観光係

まちづくり政策課 情報通信係

〒399-0425 長野県上伊那郡辰野町中央1番地
電話:0266-41-1111